2005年06月28日

ショボパーの限界

こんばんは、ショボパーです。
最近本を買いました、本嫌いな僕が本を読みたくなったから
ここぞとばかりに車を走らせ古本屋に…

ずっと前から読みたかった小説「カモメのジョナサン」って小説を見つけた
こんなに本を読みたくなったのは初めてだったし
まさか目当ての小説が古本屋で見つかるなんて…感動。
本当に欲しい時それはあっちからやってくる…不思議。
バガボンドの作者の井上さんも同じような事を巻末に書いてたなぁ
ほんとそう思った。

あとは「人間嫌い」ってなんともネジまがった本を買った
どうにもこうにもネガティブイメージしかないこの本…気になる。
本を読むのは慣れてなくて、すんげえ遅いから
ゆっくり飽きない様にみなきゃなぁ…でもジョナサンはほんとおもしろい。


あと僕は女の子に話し掛けられました、ファミレスで。
彼女は背が低くてとてもキュートな女の子
たばこがなくなった僕はファミレスの外にある自販機に
タバコを買いに歩いた
なんだぁ、マルボロがないじゃないか、マルボロメンソールでええかぁ
とか考えていると左に背の小さなその子がいて
僕の顔をじっとみて来てるから「どした?」ってきいてみたの
すると彼女から衝撃の一言…


「あんた男?」

ビックリした、うん、すべてを見すかされたよ
俺の情けなさはこうも外見にでてんのかと
焦った焦った…いやその前にいきなり生別を確認されるなんて…
んで「男よ?」って僕
「なんなんその髪型ー」
(パーマがとれて昔の吉田たくろうばりに髪が長いショボパーな僕)
負けてたまるかと
「かっこいいじゃろう?」
「かっこよくないよぉ!」
「君だって長いじゃない、カッコエエー」
「カッコヨクないよぉ!」
タバコを買い終わった僕はファミレスに入っていく
彼女は最後に「ばいばい」僕も「ばいばい」
それで終わった。

ホントにベリーベリーキュートな女の子だったなぁ
そう…だいたい4才くらいの女の子…
そんな子に「あんた女?」って呼ばれた
全部見すかされてしまいました。

今月は子供ネタばっかりのロリコン月刊!
posted by アフロ at 01:32| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。